【つらら対策、雪庇、すがもり対策】つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター

簡単取付の軒先融雪 雪国のくらしを安全に 「つららバスター」
こちらもご覧ください。⇒ つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーターの施工例


軒先のつららや雪庇(せっぴ)、すがもりで不便な思いや危険な思いをされたことはありませんか? つらら、雪庇(せっぴ)の成長抑制、軒先融雪、その他簡易融雪につらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター

「つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター」の効果

下の写真をご覧下さい。効果は一目瞭然です。

左側の軒先のみ、つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーターを設置しています。

左側は、つらら、雪庇(せっぴ)の成長が抑えられています。

右側は、設置されていない為、つらら、雪庇(せっぴ)が成長しています。

つららバスター 設置あり/なし比較写真

札幌市周辺地域の方には、雪庇対策に、より効果的な『セッピバスター』をオススメします。

・札幌市周辺地域限定商品:セッピバスター

「つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター」の特長

取り付け簡単

クギ等を利用してヒーターを支持する部位を設ければ何処にでも取り付けが可能です。

折板屋根にも取り付けできます。

高効率設計

PTC面状発熱体をパイプ内周面に接しているため、熱を効率よくパイプ表面に伝えることができます。

自己温度制御(PTC)

PTC面状発熱体自身が設定温度を保持する機能があり、オーバーヒートの心配がありません。

アース不要

外郭材に樹脂を使用しているのでアースは不要です。

自動ON・OFF

内蔵のサーモスタットが外気温を検知し、自動で電源のオン/オフを行うので手間いらず。

省エネ

24時間連続通電でも1日約90円の省エネ仕様。

こんなところに「つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター」がオススメ

つらら、雪庇(せっぴ)対策にオススメです。

飲食店の出入り口に

工場などの搬入口に

車庫の出入り口に

つらら、落雪予防、安全対策!

  ホテル、病院、学校、保育施設等の安全に

樋の破損防止!

  凍結が原因で破損する樋に

窓ガラス破損防止!

  つらら、雪庇(せっぴ)で困る窓に

看板の着雪防止に

「つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター」の構造

つららバスターの構造

「つらら、雪庇(せっぴ)防止ヒーター」の仕様

定格電圧 AC100V/AC200V
消費電力 最大約200W ※PTC特性により約120Wまで低下します
寸法 長さ:2100mm
パイプ外径:Φ26mm(最大部Φ41.5mm)
重量:約1000g
パイプ表面温度 約40℃ ※外気温1℃、無風の状態で
サーモスタット仕様 1℃-ON/5.5℃-OFF ※外気温検知
アース 不要

本品は、電気用品安全法の技術基準に適合しております。(認可取得済み) 上記仕様範囲外の特別仕様品も承っておりますのでご相談下さい。

※オプションで連結品と専用制御盤がございます。連結品ご希望の方はご相談下さい。

※製品の仕様等は改良のため予告なく変更する場合があります。

製品資料


サンライズ工業へのお問い合わせは【025-552-7666】メールフォームからもお問い合わせいただけます。