ヒト唾液由来抗菌ペプチド

歯周病予防・口臭予防には、ヒト唾液由来抗菌ペプチド

高齢化社会の到来! 成人の80%が歯周病菌に感染しています。
歯周病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。
自覚症状が出たときには、既に歯周病がかなり進行している事が多く、
長期間の治療が必要になり、最悪の場合、抜歯しなければならない事もあるのです!

ヒト唾液由来抗菌ペプチドは、歯周病の抑制に顕著に作用します。
ヒト唾液由来抗菌ペプチドの抗菌機能を解明し、口腔ケア製品へ応用を考えています。


当社にて研究開発が成功!合成技術を確立しました。これにより組成・特質を活かした商品化の実現に向けて、各企業様への企画提案を図って参ります。

※特許出願済


共同開発大学 :
新潟大学/東京歯科大学/日本歯科大学新潟短期大学/新潟工科大学

歯周病菌とは、口臭・歯肉炎・歯槽膿漏・味覚機能低下・咀嚼機能低下・全身性疾患(心疾患、糖尿病、骨粗鬆症)・アルツハイマー病

歯周病菌(Porphyromonas gingivalis)は、口の中だけの問題でなく、体全体の健康を脅かす事もあります。
・口臭
・歯肉炎、歯槽膿漏
・味覚機能低下
・咀嚼機能低下
・全身性疾患(心疾患、糖尿病、骨粗鬆症)
・アルツハイマー病

ヒト唾液由来抗菌ペプチドの特長

口腔内におけるヒト唾液成分の分解産物 → 高い安全性

幅広い抗菌スペクトル → 多分野での応用

低分子(12〜14残基) → 低コスト

ヒト唾液由来抗菌ペプチドの応用分野

口腔ケア製品 → 歯磨き粉、口内洗浄液など

口腔化粧品 → ウェットティッシュなど

機能性食品 → キャンディ、ガム、清涼飲料水など

口腔保湿 → 口腔保湿ジェルなど

ヒト唾液由来抗菌ペプチドの効果

ATP化学発光法により測定した各ペプチドの歯周病菌、虫歯菌、カンジダ菌に対する抗菌活性は下表の通りです。

  Porphyromonas gingivalis
JCM8525
(歯周病菌)
Streptococcus mutans
JCM5705
(虫歯菌)
Candida albicans
NBRC1385
(カンジダ菌)
PB-C1
5.6±14.4%

36.8±2.5%

48.3±13.5%
PB-C2
29.8±10.8%

47.4±6.6%

57.0±6.5%
PB-C3
24.9±23.1%

34.0±9.9%

55.5±10.2%
PB-C4
52.4±14.9%

50.3±5.2%

54.4±10.9%

サンライズ工業へのお問い合わせは【025-552-7666】メールフォームからもお問い合わせいただけます。