ユーザーの声

 サンライズ工業株式会社の生体分子間相互作用解析装置(QCM解析システム)をご利用のユーザー様の評価、感想を紹介しています。
 QCM装置の購入検討にお役立てください。


水晶振動子がとても安定して発振してくれて助かりました。

長岡技術科学大学 工学博士 下村雅人教授の評価・感想

 下村 雅人 教授

 Masato Shimomura

 

 長岡技術大学 工学博士

 生物機能工学/生物系

 生物材料工学研究室


先生の取り組まれている研究分野についてお教えください。

 生物関連物質や各種有機原子団による表面改質(共有結合)を技術基盤として、水晶振動子バイオセンサー(QCM)やその他のバイオセンシング、バイオ燃料電池などの研究に取り組んでいます。

サンライズ工業製のQCMシステムを使ってどのような測定を行っているのでしょうか?

 金電極上のジヒドロキシボラン誘導体単分子層による糖の確認や水晶振動子型バイオセンサー(QCM)による生体分子間の相互作用の研究、DNAによる水晶振動子表面の修飾とキノコ菌種の識別への応用などです。

QCMシステムをご使用になって、気付かれたことなどお教えいただければ幸いです。

 サンライズ工業さんのQCMシステムを採用してみたところ、水晶振動子がとても安定して発振してくれて助かりました。また、周波数も21MHzと今までのものよりも高周波であったため、より高い分解能で測定できました。

 このQCM法は振動子が安定して発振しないと(計測の途中で発振が止まったりするとそれまで計測してきた)データがムダになってしまいますが、21MHzで安定して発振するサンライズ工業さんのQCMシステムは、数社あるQCM装置のなかでも推奨できる装置だと思います。

 しかもセンサーが安価なので大変助かりました。研究室の学生も使いやすいと言っております。


QCMセンサーが小型で、本体、センサー共に安価であるため、導入しました。

新潟工科大学 博士(工学) 斎藤英一教授の評価・感想

 斎藤 英一 教授

 Eiichi Saitoh

 

 新潟工科大学 博士(工学)歯科博士

 環境科学科

 生物機能化学研究室


先生の研究分野の概要を教えていただけますか?

 ニッポンウナギの体表粘液中に存在する生体防御分子ならびにヒト唾液中に存在するシステインプロテアーゼインヒビター(シスタチン)、高プロリンタンパク質、ヒスタチン、抗菌性短鎖ペプチドなどの構造と生理機能に関する研究に取り組んでいます。

先生の研究室では、サンライズ工業製のQCM装置をどのようなアプリケーションでお使いですか?

 QCMセンサーを利用した生体分子間の相互作用の研究です。具体的には卵白シスタチンをQCM表面に固定化して、パパイン様システインプロテアーゼ(C1ファミリー)を分析できるプロテアーゼセンサーを開発しました。また、QCMセンサーを活用していろいろなプロテアーゼとプロテアーゼインヒビターの相互作用(解離定数の算出など)を解析中です。

サンライズ工業製のQCM装置についてお気づきの点をお聞かせいただきたいのですが?

 QCMセンサーが小型で、本体、センサー共に安価であるため導入しました。また、センサーも注文後に製造されるため、納期も早く、安定して発振するので、安心して使用できます。

 気付いたところは、試液の供給部を自動化してもらえれば、より操作性が向上すると思います。

 操作が簡単ですので、どの学生でも使用できます。今は一週間のスケジュールを決めて順番に使っております。



サンライズ工業へのお問い合わせは【025-552-7666】メールフォームからもお問い合わせいただけます。