水分検知型 降雪センサー スノーハンター

ムダの無い運転制御で、融雪システムのランニングコストを大幅節減!! 水分検知型 降雪センサー スノーハンター

「スノーハンター」は、「手のひらサイズ・低価格・高検出率」をコンセプトに、開発された商品です。

発売開始以来、操作が簡単、性能が良い、故障が無いなど好評を得て、ロングセラーとなっています。

屋根融雪やロードヒーティングなどに使用されています。


「降雪センサー・スノーハンター」の特長

融雪システムを自動制御

操作簡単

オンディレー機能による高い省エネ効果

水分検知型降雪センサー

※水分検知型降雪センサーとは、降雪を受雪盤(降雪センサー本体)で、雪を溶かして水分を検知する方式の降雪センサーです。

オンディレー機能とは?

融雪の必要がない少雪でのムダな運転を抑えます

樹木や電線から風で飛ばされてきた雪による誤作動を防ぎます

降雪センサーを使用することで、融雪システムの省エネ効果が期待できます!

オンディレー機能動作例 通常の降雪の場合

オンディレー機能により、ランニングコスト低減!

オンディレー機能動作例 融雪の必要ない小雪の場合

オンディレー機能により、無駄な運転をしない!

降雪検出

スノーハンターS4は、外気温と水分検出により、降雪を判断します。

一定時間、連続的に水分を検出しなければ融雪運転を行わないオンディレー機能によって、効率の良い融雪を行います。

オンディレータイマー設定時間は、0~30分までの8段階で調節できます。


地温検出

スノーハンターS4とオプションの地温センサーを併用することで、降雪判定と地中温度による融雪システム制御が行えます。

切替スイッチにより、降雪検出、或いは地中温度低下で運転するOR動作、降雪検出と地中温度低下の両方の条件が満たされて運転するAND動作を選択できます。

※地温センサーはオプションです。


「降雪センサー・スノーハンター」の構造

制御部(コントローラ)/降雪センサー本体/地温センサー(オプション)

「降雪センサー・スノーハンター」の仕様

降雪センサー スノーハンターS4(制御部:屋内専用)
型式 HBC-S4
電源電圧 AC100V専用/AC200V専用
消費電力 Max 7.5W
運転モード 自動3要素(水分・外気温度/地中温度検出)…地温センサーは別途販売
自動2要素(水分・外気温度)
手動
出力方式 リレー無電圧接点(1a接点)
接点容量 Max AC200V・5A
誘導負荷時 Max AC200C・2A
使用温度 -20~40℃
外気温度設定 0~7℃(ロータリースイッチ設定式)
オンディレータイマー 0~30分(ロータリースイッチ設定式)
遅延タイマー 5分~3時間(ボリューム設定式)
地中温度回路 AND、ORスイッチ切替式
地中温度設定 ON-5~15℃(ロータリースイッチ設定式)
OFF-2~18℃
表示 LED(緑)電源供給時点灯
LED(赤)接点出力時点灯
LED(橙)遅延タイマー動作時点灯
寸法 制御部W122×H207×D56mm
水分検出部W56×H51×D77mm
パイプステー430~580mmスライド式
信号コード長 5m
地温センサー(オプション)
型式 HBC-T1、HBC-T2
温度感知素子 サーミスタ
コード材質 ICQEV(架橋ポリエチレン絶縁)
信号コード長 10m(HBC-T1)
20m(HBC-T2)
使用温度 -20~80℃

製品資料


サンライズ工業へのお問い合わせは【025-552-7666】メールフォームからもお問い合わせいただけます。